セミナー

参加無料 事前申込制 (定員になり次第締め切ります。)

会 期 2019年3月18日(月)~20日(水)
会 場 展示会場内 特設会場A
定 員 100名

318日(月)

セミナー S-02 13:30 ~ 14:15共通テーマ:研削加工の医療への応用

「脳外科手術用切断・穿孔加工用工具」

金沢工業大学 工学部 機械工学科 教授 諏訪部 仁 氏

脳外科手術では頭蓋骨に3~4個の程度の穴を開けて、その穴と穴の間を切断して頭蓋骨片を取り除いて行われている。そして、手術終了後にはその頭蓋骨片を戻して蓋として利用している。そこで、手術後の患者の回復を早めるための手術用の細線ダイヤモンドワイヤ工具の開発とニッケルメッキ等アレルギー物質を全く含まないダイヤモンド穿孔工具の開発を行った。開発した工具を紹介すると共に、これらの工具を用いて得られた加工特性を評価した結果を紹介する。

言語:日本語

セミナー S-03 14:30 ~ 15:15共通テーマ:研削加工の医療への応用

「砥粒加工技術の医療への応用
―パウダージェット加工による新しい歯科治療―」

東北大学 大学院医工学研究科 研究科長・教授 厨川 常元 氏

粉体の高速衝突現象を利用した材料付着現象を応用し、室温、大気圧環境下でハイドロキシアパタイト厚膜をヒトの歯面に成膜して治療する技術を世界で始めて開発・実用化した。本手法は、新しい生体・バイオマテリアルインターフェースを提案するもので、歯科治療の分野において新しい可能性を示すものである。

言語:日本語

セミナー S-04 15:30 ~ 16:15共通テーマ:研削加工の医療への応用

「銀歯を1日で白く! 歯科用CAD/CAMシステムによる
即日セラミック修復治療」

歯科のじみよ子クリニック 院長 野地 美代子 氏

(CAD/CAMシステムが歯科に変革を起こしている。その一つ、セレックシステムでは口腔内スキャナーで撮影した画像データをもとにミリングマシンで修復物を作成し、即日にセラミック修復治療が可能である。今回はセレックシステムによる未来型歯科治療について述べる。

言語:日本語

319日(火)

セミナー S-11 13:00 ~ 13:45共通テーマ:切削工具へのニーズと対応技術

「新たなる切削技術の課題と挑戦」

東京電機大学 教授 松村 隆 氏

輸送機を始め多くの産業分野で、新材料や新工法とともに、古くから切削技術が利用されている。この講演では、切削に関わる最近の動向を述べ、難削材加工、機能表面加工などの、今後の課題と展望について述べる。

言語:日本語

セミナー S-12 14:00 ~ 14:45共通テーマ:切削工具へのニーズと対応技術

「無歪加工を目指す刀具開発」

名古屋工業大学 副学長
産学官金連携・社会連携担当 産学官金連携機構長
 江龍 修 氏

超硬刃先を構成するWC粒径は1μmから2μmであり、刃先を鋭利なシャープエッジとすることが出来ないため、連続的なせん断型破壊を起こす。我々は金属やセラミクスの化学機械研磨を実現するCMP(Chemical Mechanical Polishing)手法を超硬材料に適応させ、超硬刃具の鋭利化を実現した。

言語:日本語

セミナー S-13 15:00 ~ 15:45共通テーマ:切削工具へのニーズと対応技術

「高性能化を指向したエンドミルの
切れ刃形状と工具研削のポイント」

株式会社松岡技術研究所 代表取締役 松岡 甫篁 氏

エンドミルは金型製作以外に、部品生産で膨大な量が用いられ、高効率と耐久性が追求されている。一方で、切削の自動化、5軸制御MCの適用など取り巻く環境も変化しており、新たな段階を迎えたエンドミルの切れ刃形状と工具研削について解説する。

言語:日本語

320日(水)

セミナー S-21 13:00 ~ 13:45共通テーマ:研削加工と自動車部品

「エンジン部品における研削工法の紹介」

日産自動車株式会社
パワートレイン生産技術本部パワートレイン技術企画部
エキスパートリーダー
 問註所 隆行 氏

各国で燃費規制が急速に加速されており、燃費向上を目的にエンジン部品の高精度化が求められている。そこで弊社はエンジンの効率向上を目的にミラーボアコーティング技術を採用している。今回はミラーボアコーティングに適用しているホーニング技術について紹介する。

言語:日本語

セミナー S-22 14:00 ~ 14:45共通テーマ:研削加工と自動車部品

「トランスミッション用歯車の歯面研磨技術の紹介」

アイシン・エーアイ株式会社
エンジニアリング事業推進室 主担当
 辻 浩正 氏

自動車用歯車は小型・軽量とする為に比較的高負荷で使用される。近年では歯面の損傷対策が重要視され、その一つとして歯面の研磨工法を開発し採用している。その特徴と効果を紹介する。

言語:日本語

セミナー S-23 15:00 ~ 15:45共通テーマ:研削加工と自動車部品

「ディーゼルエンジン用コモンレールシステムへ適用される研削加工技術」

ボッシュ株式会社
パワートレインソリューション事業部 製造部門
生産技術部 開発グループ
 由井 隆行 氏

近年ディーゼルエンジンに適用されるコモンレールシステムは高圧力、高応答性、高効率化を要求されている、それらを部品レベルで達成するために適用される研削加工技術について述べる。

言語:日本語